検索

おかげさまで47歳になりました。





昨日東京から戻り、そのまま講演をして、今日は大切な人たちのお祝いに行ってきました。



この1週間、ドタバタしすぎでしたが、とても充実している永松茂久です。



日にちが変わり12月14日。



おかげさまで47歳になりました。





46歳はドタバタしながらあっという間に終わった感じでしたが、とてもメモリアルな1年を過ごすことができました。



今年、一番大きかったことはやはり出版。



話9が日本タイトルを取れて、その足で聞き9がスタート。



年代ものもたくさんの人に読んでいただき、累計で265万部までたどり着けたこと。



天国の母にいい報告ができたこと。





つらいこともありましたが、おかげさまで本当に濃い1年になりました。



2022年、47歳はさらに出版づくしの歳になりそうです。



3年後の50歳に向けて、新しい夢もできました。



「地位や名誉やタイトルは、それを使って人のお役に立つためにあるのよ。あなたはこの勲章を使って何をするの?」



母にもらったこの言葉を自分に問いかけながら、新しい扉の向こうを歩いていきます。





毎年のことになりますが、父さん、母さん、生んでくれてありがとう。



まだまだポンコツなところはたくさん抱えたままですが



「喜ばれる人になりなさい」



の言葉を胸に、もらった命を全力で使い切ります。



家族へ、スタッフへ、恩人の方々へ、出版人のみなさまへ、読者の方々へ、そして全国の仲間たちへ。



ここまで応援してくださったすべての人に感謝します。



さて、47歳スタート。



もっと前へ、もっと高みへ。



本の力で日本を元気に🇯🇵!



いくぞー!!



感謝。




2021年12月14日 永松茂久47歳